fc2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

値上げラッシュに押し流されそうです(汗)

お天気が良くないですね・・・。 うちの子の保育園の奉仕作業も悪天候が予想される為、延期になりました。 暑いのも困りますが、もう少しカラッと過ごしたいものです。

さて、先日来ブログでご紹介している商品達ですが、パイロットさんのつけペン「いろうつし」や、ギター大正浪漫ハイカラインキなど、お陰様でご好評をいただいております! たった今、寺西さんが色見本とパンフレットが届きました(笑)。

インキ類は色見本を作ってしまえば、お客様にもお伝えしやすいのですが(そうそう!クレタケさんの「明治のいろ」も色見本で作りましたよ!)、やっぱり困るのが「いろうつし」のパッケージ・・・。 中身が見えない上に、ディスプレーも写真ではなくイラストになっており、伝わりません。

樹脂軸の方は、パイロットのデスクペンやペン習字ペンを見せつつ「こ、こんな感じです、これに近い感じ(汗)」、木軸の方はパイロットのハードメイプル製のレグノというボールペン(定価1,000円のやつ)や、タチカワさんの木製つけペン軸を見せつつ「こ、こ、こんな感じです(汗)」とやってますが、伝わっているかどうか。 そして、正しいのかどうか(汗)。

先日、大阪の展示会でパイロットさんも出展されており(以前に当店を担当していたセールスさんが2人もいました・懐かしい)、そこで実物を見て来たのですが、どれもイラストのイメージ通りと言えばその通りなのですが(笑)。 実は、木軸の方はただの丸いペン軸では無くて、腹側(底面?)をフラットに削ってあり、机にペンを寝かせて置いても転がらない工夫がされいるのです! これ、どこにも説明が無いので実物を買ってみないと分からないのですが、結構技ありの親切設計なんですよ!  ちょっとパイロットさんに試筆用のサンプルをもらえないか聞いてみようと思います。


それから・・・。このところずっと悩んでいるのが、文具メーカー各社の値上げラッシュ。
値上げそのものに反発する気持ちは既に無くなりましたので(諦め)、そうじゃなくて、この夏から秋にかけて殆ど全てのメーカーさんが何らかの値上げに踏み切るのですが、その情報収集が全然できていないのです(泣)。  直接取引のあるメーカーさんからは勿論、事前に案内が入ってますし、普段から付き合いのあるメーカーさんや大手やメジャーなメーカーさんについては問屋さんを通して早めに案内をくれます。

ですが・・・文具メーカーというのは大小無数と思えるくらいございまして・・・。 いついつに値上げされるらしい・・・という程度の情報(噂)は入っていても、具体的な品番や価格が分からないところが多数・・・もう把握しきれん!というのが実情。  問屋さんも情報が入り次第メール等で色々送ってくれるのですが、あまりに数が多過ぎて「既に案内したと思い込んでいた」「うっかり見落としていた」「同じ案内をまた送ってしまった」「普段それほど扱ってないメーカーのは後回し」「そもそも問屋さんにすら事前の案内が来てない」などなどの理由により、各販売店に案内しきれていないのが実情だそうです(汗)。 

以前は値上げが大事件のごとく扱われたのでメーカーさんからも随分丁寧に!?説明が入ったのですが、この頃は値上げが恒例行事化して来たこともあり!?問屋さんに対してもサラッとメールが送られて来て終わり・・・という感じらしいです。 残念ながら世の中の流れとして値上げが不可避なのは誰もが頭の中では理解しつつあるのですが・・・。 実際に値段(仕入れ値)が上がるとお客様への納品価格の対応や店舗のプライスカード、ポップ、ホームページの情報変更などなど・・・販売店にとっては気苦労が絶えません。  スミ利で取り扱っている全てのメーカーさんの値上げ情報(時期や品目、価格など)を事前に把握するのは無理そうです・・・(情報もらっていても忘れちゃうんですよ!ホントに、多過ぎて)。 

実際、「えっ!いつから値上げしてた?」「もう既に上がっとるんかい!」とか、「廃番かい!」とかしょっちゅうです。 納品書見て気が付けばまだ良い方で、知らずに値上げ前の安い値段で販売していたら目も当てられません(実は意外と多い・泣)。
あと、意外と大変なのが、NTカッターさんの様に「7月1日出荷分から価格改定を実施し、定価表示を廃止してオープン価格とします」的なもの。 定価からの仕切り価格(掛け率)が計算できなくなるので、どのくらい値段が上がったのかよく分からない上、今後商品をいくらで売れば良いのかとか、商品ごとに調べて検討して・・・。 店の在庫品は従来通り売れば良いですが、新たに仕入れた商品についてはいつまでもお値段据え置きという訳にも行かず・・・。 そんなのが、無数に有ります。 店頭のプライスカードも全部書き直さないといけないし・・・。

同じメーカーさんでも全ての商品を一律に値上げするところは少なく、品目ごとに値上がり率が異なったり、値上げの時期が異なる場合もあり・・・。 2022年カタログに掲載の商品価格が既に全面的に信用できなくなっているので(汗)、店頭でもちょっと調べるのにお時間をいただくことになるかと思います(笑)。
もう、気が付いた時に随時、訂正、修正していくしかありませんね(爆)。 そんなこんなが今年一杯は続きそうです(来年もかな!?)。  この値上がりラッシュも早く落ち着いて欲しいものですね・・・。  
  1. 2022/07/15(金) 16:11:51|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://sumiri.blog.fc2.com/tb.php/913-005a00a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)