fc2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

人気です!パイロット創立90周年万年筆「螺鈿・朱鷺」

パイロット社の90周年記念万年筆「螺鈿・朱鷺」、発表前から凄く注目度が高くてスミ利でも驚いていましたが、やはり!?うちでは今までに発売されたパイロットの記念モデルで一番人気です!ご注文予約をいただいておりますお客様には重ね重ねお礼申し上げます。お届けが10月以降になりますので、今しばらくお待ち下さいね!限定品で国内には700本ほどしか出回りませんので、ご検討中の方は是非お問い合わせくださいね!※限定品の為、予定数量に達し次第受注を締め切られますので、先ずはお問い合わせ下さい!尚、メーカーがお盆休み中の為、18日以降の確認となります。

今回の螺鈿・朱鷺は、漆黒のボディーに銀粉と螺鈿でさり気ない装飾を行い、キャップにスターリングシルバーで朱鷺をあしらい漆塗りで仕上げたシンプルなものです。それに、前回の88周年「仁王」は中字と太字の2種類でしたが、「螺鈿・朱鷺」は細字、中字、太字の3種類ものペン先が用意されていますので、実際にインキを入れて使いたいお客様も多い様ですね(勿体ない!と言う声も聞こえてきそうですが・・・)。センスの良い万年筆として使ってみるのもお勧めですよ!いや、保管用にもう1本買っていただきましょうか(笑)。 

因みに、スミ利の場合、「螺鈿・朱鷺」の受注で一番多いペン種は中字(7割以上!?)で、次いで細字、太字の順番です。中字は実用とコレクションとどちらにも人気のあるペン種ですので、やはりと言った感じですが、日本メーカーに特徴的な字幅である細字をご注文の方は恐らく多くが実際にインキを入れてお使いになるはずです(想像)。今回、意外と太字のご注文が少ないですね(プラチナさんの25Gでは中字と太字が人気でしたが・・・)。 まあ、うちの様な小さな販売店のことですので、標本数が少なくあまりあてにならない統計データですが(笑)。

おっと、それから「螺鈿・朱鷺」の商品名ですが「らでん・とき」と言います。ご質問が多かったので。蒔絵(まきえ)をあまりご存知無い方には螺鈿(らでん)と言う言葉がピンと来ない方が多いと思いますが、螺鈿とは蒔絵の技法の一つで、「螺」の字は「貝」のことを意味し、「鈿」の字には「ちりばめる」と言う意味があります。字のごとく、貝殻を薄く細かく加工し、漆で貼り付けたりはめ込んだりして絵柄の表現に用いる技法です。漆黒にキラりと光る螺鈿はとっても綺麗ですよ!


パイロット90周年万年筆「螺鈿・朱鷺」
プラチナ90周年万年筆「25G」
  1. 2008/08/13(水) 23:32:21|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://sumiri.blog.fc2.com/tb.php/79-27b80cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)