fc2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

セーラーミニ展示会、研修会  スミ利文具店
4月26日(火)、大阪の天満橋でセーラー万年筆の105周年記念 万年筆研修会&ミニ展示会が行われ、参加してきました。

最近は、セーラーさんも単独の展示会の開催は少なくなりましたので、先月に案内をもらって以来、楽しみにしていたイベントです。

仕事の都合で、午後に会場入り。 研修会開始の時間まで少し時間が有ったので、先ずは展示会場を見学。 「ミニ展示会」と謙虚な名称となっていますが、最近のセーラーさんの売れ筋や、新製品、発売予定の製品などが展示されており、ゆっくり見てまわるには丁度良い内容でした。特に、リニューアルされた有田焼万年筆は、私でも滅多に手にする機会が無いので(笑)。

以前、行われていたセーラーさんの展示会は、豪華な会場に展示台をずらりと並べ、セーラーのフルラインアップ!?かと思うほどの物量で行われていました。 超高額の蒔絵や、レアな受注生産品も実物が多数持ち込まれたり、優美蒔絵の実演が行われていたり・・・凄い内容でした。 そうそう!今回の万年筆研修会の講師をされた、石丸氏もインクブレンダーとしてブースに立って(座ってだけど)おられました。 当時ペンドクターをされていた川口氏の万年筆研修や、専門家を招いての店頭ディスプレー等の研修会等も併せて行われ、私も参加した経験がございます。 その時と比べると今回の展示会は確かに「ミニ」なのかも知れませんが、私としてはこんな感じのこじんまりした展示会も、ゆったり静かに見ることができ、実務的にすぐに役立つ情報を仕入れることができるので好きなんですよ。

今回、講師をされた石丸氏は、インクブレンダーとして有名ですが、当然ながら万年筆にも精通しておられ、お話し上手なこともあり、とても和やかな研修会でした。   万年筆の基礎知識、構造と原理を勉強する為に、参加者にはクリアキャンディ万年筆が1本ずつ配られたのですが、途中、石丸氏が席を回って1本ずつペン先を「不良品」にしてまわります(笑)。 この際、40人ほど参加者がいる為、途中で傍にいた営業担当の社員さんに「○○さん、できない?」「良品に戻せってのは無理でも、不良品にならできるでしょ」等と言っておられましたが、結局手を出す営業社員はおらず(笑)、全てを石丸氏が不良品化されました(笑)。   後でこれを各自がルーペを見ながら、ペン先を元に戻す訳ですが、直すよりも不良品にする方がむしろ緊張するかも知れませんね(笑)。

そんなこんなで、色々と製品の情報やら何やら仕入れてきましたので、またぼちぼちご紹介できればと思います。
  1. 2016/04/28(木) 13:00:29|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

お久しぶりです。セーラー万年筆と言えば5年おきに記念万年筆が出てましたが、今年はどうなんでしょうか。
私は去年ある方から、キングプロフィットタイプの95周年レアロを譲ってもらいましたが、やはりセーラーのKOPタイプは吸入式がいいなと思いました。
キングプロフィットはいい万年筆と思うんですが、いかんせん両用式だとあの大きさでは、インクの量が少ないですよね。
例えばパイロットでは743と823.
同じセーラーですと21タイプとプロギアで両用式と吸入式の選択がありますね。
KOPタイプもあればいいなと思います。
  1. 2016/05/03(火) 20:21:42 |
  2. URL |
  3. 神奈川県民 #-
  4. [ 編集]

>神奈川県民様

いつもお世話になり有難うございます。
セーラーさんの105周年記念万年筆は、同社IR情報によると昨年来、発売に向けて企画が進んでいる様ですが、まだ具体的な話は出てこなかったですね。うちの様な販売店よりもマニアの方々の方が情報が早いかも知れませんね(汗)。

KOPモデルについては、私も全く同感で吸入式のレアロタイプを選択できる様にして欲しいものです。
パイロットさんからは、この秋にもPILOTブランドとして最大となる30号ニブの万年筆がリリース予定ですが、こちらもカスタム845の大型版といった雰囲気で、インキの供給はカートリッジ、コンバーター両用式となる模様です。インキ止めやプランジャー、もしくはスクリュー式にして欲しかったですね。2月に、試作品を触らせてもらいましたが、デザインの細部や価格設定(10万円を切る予定)以外、ペン先、ペン芯、ボディの基本構成ほぼ完成しているとの話でした。

ただ、万年筆のインキタンク容量と、ペン芯(ペン先)サイズには性能上の重要な問題が存在する為、安易にインキタンクの大容量化ができない事情もある様です。 ペン先、ペン芯を大きくする分には問題は少ない様ですが、逆にペン芯のインキ保持能力を超えるインキタンク容量にすると、空気膨張の関係でインキ漏れを生じやすくなります。

インキタンク内の空気が膨張することで、ペン先に余分なインキを押し出してしまうので、セーラーさんの場合、この点を考慮して、インキタンク内の空気体積の2~3割に相当する余剰インキを蓄えておける性能を前提にペン芯を開発しているそうです。 要するに、ペン芯の蛇腹状の部分のことですね。

まあ、セーラーのKOPや、開発中のパイロット30号に関しては、巨大なペン芯を持っている為、性能面の不安からカートリッジ式(両用式)にしていると言うよりは、コスト面が大きい様に思いますが。 ペン先が大きくても、意外とインキタンクの大容量化は簡単では無いのは事実ですね。
  1. 2016/05/05(木) 17:42:18 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

セーラー105周年万年筆

あるお店のツィッターで、セーラー105周年万年筆の話が出ています。何か、情報はありますでしょうか?また、パイロットさんの30号ニブの万年筆の話もその後情報があれば伺いたいです。
  1. 2016/08/09(火) 17:20:34 |
  2. URL |
  3. たっくん #-
  4. [ 編集]

>たっくん様

お世話になり、有難うございます。
セーラーさんの105周年万年筆ですが、メーカーの要請により各販売店は9月1日まではユーザー様への告知を控えております。 何卒ご容赦いただければと思います。 販売店のSNS等での情報提供も9月2日以降に解禁との申し合わせですので、ツイッターでつぶやかれた販売店さんは、このルールをご存知無かったか、フライングでつぶやかれたのかと思います。 何卒、ご容赦くださいませ。

また、パイロットさんの30号ですが、商品名はカスタム・ウルシで、定価は¥88,000+税。ペン先はFM、M、Bの3種類、10月発売予定となっております。 ただし、エボナイト軸、漆塗り等の関係上、一度に多くは作れないことから、当初はかなりの品薄状態が予想されており、納期についてはもう少し遅れる可能性が高い様に思います。

  1. 2016/08/10(水) 09:28:16 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

詳しく教えて頂きありがとうございました!どちらも、今年の目玉となる万年筆なので、とても気になっていました。30号はスミ利さんのお話の通り、10万円をきった価格なんですね!30号にしては、お求め易い価格だと思いますが、セーラーの105周年万年筆と両方となると、さすがに考えてしまいます。

毎年、秋から冬に国産の大型の万年筆が発売されるので、楽しみな気持ち一方、お財布の中が追い付かないので、大変です!
  1. 2016/08/10(水) 21:27:53 |
  2. URL |
  3. たっくん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://sumiri.blog.fc2.com/tb.php/573-4508602d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)