fc2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

麻とヨシのノート

麻とヨシのノート(コクヨ工業滋賀)限定品 スミ利
コクヨさんのホームページで既に案内がされておりますので、文具ファンの方は既にご存知かもしれませんが、株式会社コクヨ工業滋賀さんから、同社の25周年を記念した限定ノート「麻とヨシのノート」が発売となります! 発売日は12月2日からです(一応・・・でも写真があると言うことは・・・笑)

コクヨ工業滋賀はコクヨグループの主力工場として、主にコピー用紙やノート、伝票などの紙製品を生産しており、キャンパスノートに関しては、年間で1億冊以上の生産を誇る「日本一」の工場です。 そんなコクヨ工業滋賀が地元地域の自然との共存を目指して開発したのが、琵琶湖・淀川水系のヨシを活用したオリジナルブランド「リエデン」です。2007年の発売開始以来、多くの利用者様にご支持いただき、冬場のヨシ刈りボランティア活動など、幅広い取り組みに発展しています。

コクヨ工業滋賀さんが、滋賀で操業を始めて25周年を迎えることとなり、それを記念して発売するのが今回の「麻とヨシのノート」です。 ノートの扉紙や中紙には勿論、ヨシ紙を採用しておりますが、今回はそれだけでなく、ヨシと同じく滋賀の自然素材ということで、商品名にもある通り、麻を表紙に採用しています。 コクヨ工業滋賀のある滋賀県の湖東地域は古くから良質な麻の生産地として知られており、近江商人により全国に流通した「近江上布(おうみじょうふ)」が有名です。 琵琶湖のヨシを有効活用したヨシノートと、地場産業の麻織物・・・滋賀の自然素材によるコラボ商品となっています。

「麻とヨシのノート」はA5サイズ、80枚綴りでお値段は1冊¥800(+消費税)です。お値段は少々お高いかも知れませんが、たっぷり使える80枚綴りで、携帯にも便利なA5サイズ、A罫(7ミリ)を少し広げてゆったりさせた7.5ミリ幅の罫線(この罫線は琵琶湖のさざ波をイメージして少し波打った仕上げになっています)など、ノートとしての使いやすさにもこだわった逸品です。 漂白も着色もしていない生成りの麻表紙がとても良い味わいに仕上がっています。手触りも抜群ですよ! 写真写りは少し地味ですが(笑)、麻の風合いがお洒落です。

このノート、僅か1000冊の限定生産となりますので(スミ利にどっさり有りますけど・笑)、欲しい方は是非お早めにスミ利までご相談くださいね!

詳しくは「麻とヨシのノート」のページをご覧ください。
  1. 2013/11/25(月) 16:33:24|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

いいんじゃないですか

 お久しぶりです。
 確かに少し高くてパッと見地味そうですが、“さりげなく高級”みたいな雰囲気があって個人的に好感を持ちました。キャッチコピーをつけるなら『オトナの休日に携えるノート』って、どうでしょうか。
 現在、高級なノートは塩ビとか合皮製の表紙のものが多いですが、少し昔にはこういう布表紙のノートってたくさん出てましたね。
 私がこのノートに合わせたい筆記具を挙げるなら、(株)パイロットコーポレーションの「ジャストミート」の、軸色の薄いほうのシャープペンでしょうか。麻の風合いと、ナチュラルな表面加工がなされたアオダモの木の胴軸がよくマッチするのでは・・・
 なぜシャープペンかって?オッサンの私にとってはボールペンて“仕事の道具”という認識があって、休日はあまり持ちたくないのです。このノートは、趣味や旅行といった、仕事に関係ない事柄をゆったりのんびり書いて遊んで使いたいなと思いました。
  1. 2013/11/26(火) 21:31:23 |
  2. URL |
  3. フラワーショップふじよし #2XI39Vu2
  4. [ 編集]

>フラワーショップふじよし様

生成りの麻織物の質感も好評です! 値段も今のところ「高い!」とは言われませんので(笑)、概ね妥当な価格ではないかと思います。むしろ、コクヨ工業滋賀さんにとっては採算度外視で作ったそうなので安いのかも知れませんよ。

ジャストミートも雰囲気に合いそうですね! 私もこのノートには鉛筆やシャープペンが似合うかと思います。 オートさんから最近発売になった木軸2ミリ芯シャープ消しゴム付(定価¥680)とか、北星鉛筆さんの大人の鉛筆なんかも良さそうですよ!

  1. 2013/11/27(水) 14:29:56 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://sumiri.blog.fc2.com/tb.php/477-91405c8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)