fc2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

ジャスタ95万年筆 入荷!

パイロットさんから新発売となったジャスタス95万年筆がスミ利に入荷しました!

アジャスターを操作することでペン先の硬さを変えられるギミック付万年筆です。 その昔、ジャスタスとして発売されていたもののリバイバル版です。ペン先は今回の為に設計された10号14金ニブで、カスタムカエデの様な、一昔前に標準だったペン先に仕上げているそうです。

お値段は定価¥31,500(税込)。軸には細かい模様が入っており、ストライプとネット(網目)の2種類。ペン先はF、FM、Mの3種類からお選びいただけます。

硬軟切り替えですが、カスタムカエデ風のペン先ということからも分かる通り、最も柔らかくした状態でもフォルカンやエラボーの様な軟らかさではなく、どちらかと言えば「アジャスター機能によりペン先を硬くできる」というのがしっくりきます。 自宅やメインの卓上では最も柔らかい状態で使い、外出先では硬めに調整して使う・・・色々と活用法があるかと思います。結構実用的な万年筆ですよ!

定番アイテムとして加えられましたので、今後も継続販売されますが、現時点では生産が込み合っている為、少々品薄の状態が続きそうです。

スミ利でも詳しいページを作成する予定ですが、既に入荷していますので、気になる方はお問合せ下さいね。
  1. 2013/03/11(月) 15:49:36|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

とうとうスミ利さんにも入荷したんですね。
私はジャスタス95の実物やサンプル品を見たことはありませんが、万年筆の好きな親戚がいつか言っていたことを思い出しました。
「もう何年も前のことで詳しく覚えとらんが、ワシがまだ若かった頃にパイロットがジャスタスという面白い万年筆を販売しとった。そいつはなかなかのキワモノで、ペン先の硬さを変えられるとかなんとか。さすがのワシでもアレには手を出さんかったわ。」と言っていたのを思い出しました。
パイロットの万年筆は基本正統派でも、たまにキャップレスやエラボーのような変わり者がいて、なかなか面白いです。
自分はパイロットの万年筆とボールペンとシャープペンを愛用してますが、どれも基本に忠実でよくできています。
パイロットのそういった面が好きです。
  1. 2013/03/12(火) 17:39:06 |
  2. URL |
  3. こじこじ #-
  4. [ 編集]

キワモノとか言ったら、非常に信者の方には失礼なんですが、お経や、キリスト教のバイブルが彫られたパイロットのモデルもありましたよね。軸はシルバーで結構高かったです。
デパートや大手の文具店では無く、町の文房具屋で見た記憶があります。
ジャスタスはプラチナの3776と同時期に出たと思います。
30年前で1万ですから、当時の国産万年筆の中では高かった記憶があります。
でもこの間、近くの文具店でエリートのショートサイズが有ったのでびっくり。5000円でした。

  1. 2013/03/12(火) 20:40:20 |
  2. URL |
  3. 神奈川県民 #-
  4. [ 編集]

>こじこじ様

生産スケジュールがかなり過密で遅れが出ているとの話だったので、思っていたよりも早く入荷したので逆に焦ってます(笑)。
年度末で学校さんや官庁さんの納品業務が忙しく、検品作業も一度に何本もこなせない状況でしてホームページへのご紹介も遅れています。

パイロットの製品は手堅い正統派のデザインが主流ですが、時折こうした変わり種も入れてくるのが面白いですね。変わり種でもちゃんとパイロット品質と呼べるクオリティに仕上げてくるあたりがファンに評価されるのではないでしょうか。 今度のジャスタス95も完成度はかなり高いです。

因みに当時のジャスタスですが、15年くらい前の雑誌に、作家の吉村昭さんが愛用の万年筆の一つとして写真が出ていたのを覚えています。確か下書き用にお使いだったと記憶しています(万年筆にこだわっておられたそうで、複数の万年筆を愛用しておられた様ですが)。 私もジャスタスは多少キワモノと思っていたので、作家の先生がお仕事で愛用しているのを知って驚いた記憶がございます。  その後、お客様の中でジャスタスを愛用しておられる方が何名か来られ、多少オモチャっぽいところはあるものの意外と実用性の高いペンだったことが分かりました(汗)。

パイロットさんにはこれからもジャスタスやキャップレスの様に、良い意味で期待を裏切る製品を作っていただきたいですね!
  1. 2013/03/13(水) 08:57:32 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

>神奈川県民様

般若心経がエッチングされた万年筆!有りましたね!(笑) うちの店にも昔置いていた記憶があります。 確か他社からも出ていた様な・・・。

で、実は最近になってパイロットさんから般若心経が蒔絵で施された10万円の万年筆がラインアップに加わっていますよ!しかも黒とベンガラ(赤系)の2種類も!

ジャスタスは当時1万円でペン先は5号サイズだったそうで、おっしゃる通り結構な高級モデルですね。ペン先上のコントロールプレートも当初は14金製だったのが、コストなどの都合からすぐにステンレス合金製に変更されたそうです(笑)。

今度のジャスタス95は定価が3万円になるかわり!?にペン先を大きめの10号にして、コントロールプレートも14金製にしています。 ボディに施されたストライプとネットは彫りではなく、射出成型とのことで溝はそれほど深くありませんが、細かくて結構質感が高いです。

エリートのショートサイズ、確かにありましたね! 当時モノは各社共に製品のバリエーションが滅茶苦茶多いですね。70年代頃でしょうか?私は70年代後半産まれなので、詳しく無いですが、ショートサイズでも結構大きめでデカいペン先が付いた高級モデルもありましたね。 それに昔のパイロットさんでは普通の万年筆のペン芯の裏に漆塗りをしていたものも多くてビックリです(笑)。
  1. 2013/03/13(水) 09:19:53 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://sumiri.blog.fc2.com/tb.php/436-7abbfd29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)