fc2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

羽釜炊爨!

先日来、話題にしてきた薪と羽釜でのご飯炊きを遂に実行しました!
カマド カマドの火

場所は滋賀県希望が丘文化公園のスポーツゾーンにあるバーベキュー施設、ピクニックランドにて。駐車場¥500、カマド施設利用料¥740(滋賀県内在住者料金)です。  当日、大勢のグループが賑やかにバーベキュー準備をする中、我々はご飯を炊くことだけを目的にひっそりと準備開始! 各カマドの位置が離れており、林の中に点在しているので、声や煙を気にせずのびのびと楽しめます(肉も野菜も焼かず、火にかけたお釜1個をじっと見守る謎の人々がいてもあまり気にされません・笑)。 それにしても想像以上にマカドの施設が充実しており、頑丈な鉄の網まで装備されていました! てっきりブロックで囲っただけのカマドだと思っていたので、わざわざ鉄パイプを2本(羽釜を引っ掛けてのせる為)用意したのですが、全く不要でした(笑)。

各種、手探りながら一先ず米をとぎ、薪を準備して炊爨開始! お米1合に対し、コップ酒の空瓶にすり切り一杯のお水(超適当ですが、これがなかなか素晴らしい水加減なのです!皆さんも是非!?)で。 強火で沸騰させ、中火でしばらく、弱火でしばらく、火から外して蒸らし・・・そんな段取りです(適当)。 

ところが、薪での火おこしにかなり時間が掛かるだろうとの当初予想に反し、素早く着火成功してしまい(汗)、いきなり火力がマックスに(笑)。 本来はお米の吸水を数十分行なう予定が、待ちきれずにその場の勢いで!?いきなり火にかけてしまいました(汗)。

カマドの性能が良かったのか、持参した薪(廃材や日曜大工の端材など、杉垂木や杉板、SPFなどが中心)が良かったのか・・・煙も思ったほど酷くなく、火力も安定。 予想を上回る高速で炊爨が進み、20分程度でほぼご飯が炊き上がってしまいました(汗)。 実は実家は8年ほど前まで、お風呂が焼却炉式のボイラーでして(灯油も使えましたが)、不要な木やダンボールを燃やして沸かしていましたので・・・キャンプやバーベキューはほぼ未経験ながら、意外と迷うことなく火を扱えました(汗)・・・何でも経験しとくもんですね(笑)。

ご飯が予想外に早く炊き上がりそうになり、慌ててハンゴウの中にレトルトカレーを投入!(炊飯に失敗してもカレーがあれば何とか胃に流し込めるだろうとの判断・笑) こちらも間も無くいい感じに煮え、予想外にあっさりと食事の準備が完了(拍子抜け)。

羽釜でご飯 RIMG0475_convert_20121015095533.jpg

現地で調理せず、レトルトを持参するにしても、こうした野外活動で食べるなら「せめてボンカレーとか、黄色いオーソドックスな昔ながらのカレーだろ!」と言われそうですが、今回は何故か「オリエンタル 泰のカレー グリーンソース」つまりグリーンカレーという、日本の清く正しい野外活動に全く似合わない(笑)ひねったものを持参!何か根本的に間違っている気がしないでも無いですが、美味しければ問題無いのです(笑)!?

で、肝心のお味ですが・・・正直に言うと僅かにシンが残った炊き上がりになってしまいました。やはり、吸水を殆どせずに火にかけたことが原因の様です。次回(あるのか?)への教訓ですね。 しかし、基本的にはふっくら美味しく炊き上がり、初めての炊爨は大成功と言えるものでした。 カレーとご飯がマッチしてかなり美味しい昼ご飯になりました!(日本の秋空の下食べるグリーンカレーもなかなかおつなものです・笑)

その後、周囲のバーベキュー集団が賑わいを増す中、我々は可及的速やかに後片付け。我々が滞在した痕跡を消し去り(笑)そそくさと退散。 事務所で消火道具の返却をしたら「あれ!?もうお帰りですか?」と聞かれてしまいました(笑)。 はい、もうお帰りです!  関心したのが、薪を燃やした後の炭(灰)が殆ど残らないこと!実に効率良く燃え尽きており、殆どゴミも出ませんでした。 現代社会は便利な世の中になりましたが、お釜と薪でご飯を炊くことは、目と耳と鼻の感覚を総動員して火と水を操りますので、なんだか日本人の叡智に触れた気がします(笑)。

今回は、「ホントに薪と羽釜で炊けるのかどうか」を確認するのが大きな目的でしたが、将来的にはもっと沢山のお米を入れて大勢でやってみたいですね(最大で20合くらい炊ける様です)。次は炭と焼き網を持っていって魚の干物やスルメなんかも焼いておかずにしたい(笑)。

次はいったいいつできるか分かりませんが、年に何回かやってみたいです。 その際、興味のある方は各自お米1合以上と、「何か美味しいもの」「何か便利なもの」を持参の上、是非ご参加下さい(笑)!


  1. 2012/10/15(月) 10:45:17|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント

お疲れ様でした

先日はお疲れ様でした。
手探りの中、実施した割には拍子抜けするほど、
あっさりと出来上がり、初回にしては大成功では
なかったでしょうか。
今回は、色々と準備をして頂きありがとうございま
した。
次回は、開催がいつになるか不明ですが、また季
節の良い時にしたいですね。
出来ればもう少し、犠牲者(!?)を増やして楽しく
やりたいですね(笑)
  1. 2012/10/15(月) 21:25:45 |
  2. URL |
  3. エルプリメロ #-
  4. [ 編集]

>エルプリメロ様

お試しにおつきあいいただきどうも有難うございました(笑)
あっさり成功といえばその通りですが、出来上がるまで一息つく暇も無く、一気に事を運ぶので、デジカメやビデオでの撮影も殆ど出来なかったですね(汗)。 やはり専属カメラマンが必要です(笑)
  1. 2012/10/16(火) 09:22:58 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

 炊爨の「さん」の文字が複雑すぎてよく見えませんが、何やら火の上に羽釜が載せてあるような絵には見えますね。

 こちらは「かまど炊き」等のコピーでイメージだけが広がる炊飯器のお話です。家内がTVショッピングに洗脳されて、10日ほど前に新しい炊飯器を買いました。子供が一人ずつ出て行って、2人減り、来年には夫婦だけになろうかという時期でもあり、大容量機種からの乗り換えも図っていたようです。

 かまどに羽釜でご飯を炊こうという人がいるよ、と、ここでのお話を紹介し、脳内イメージではなく実際にやってみることを暗に示したのですが、やはり炊飯器は宅配で届きました。

 さあどうだ、と過度な期待を抱きながらご飯を炊いてみましたが、以前とまったく変わらず美味しく炊けておりました。何年か前の機種と言っても十分な能力があり、最新機種だろうと差は感じられません。1回使っただけで直ちに元の箱に収め、三男の一人暮らし用に保管することになりました。

 相変わらず、高校生に負けないくらいの量を食べておりますが、さすがに4人分を一人では食べられません。それでも、我が家は大型炊飯器のままで行くようです。
  1. 2012/10/16(火) 13:29:44 |
  2. URL |
  3. 山口のK.I. #-
  4. [ 編集]

>山口のK.I.様

炊爨の「爨(さん)」の字は、滅茶苦茶複雑で私もすぐに忘れてしまいます(汗)。

正直、今の炊飯器はご飯が上手に炊けますよね。長時間保温しても昔の炊飯器ほどご飯が不味くなりにくいですし・・・進化してますね。 最新の炊飯器はお釜の形状や素材にこだわっていたり、デザインもカッコ良かったり・・・別に今の炊飯器に不満が無くても新しいのが欲しくなるんですよね(笑)。

実はうちの店はオフィス需要向けに象印さんの製品も扱っており、年に何度かお得意先に職域販売のセールチラシを配るのですが(何で文具店さんが炊飯器や電器ケトル売ってるの!?と言われます・笑 ホットプレートや餅つき機まであるんですよ!)、中には定価が13万円以上する高級炊飯器まであるんです! 私が愛用している象印の2~3万の炊飯器でも十分美味しいのですが・・・13万円のお味が気になります(笑)。

実は、何度か羽釜でご飯を炊いてみて、1人前、2人前程度ならガスコンロと普通のお鍋さえ有れば短時間でご飯が炊けることを知りました。何でも便利な道具に頼ろうとする自分にちょっと反省の今日この頃です(お鍋だと保温はできませんけど)。
  1. 2012/10/16(火) 14:34:03 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

おいしそうー

 おぉ、やりましたか!有言実行ですね。カレーもおいしそう。そちらのお近くにはバーベキュー用の施設があるのですか。次回は私も誘ってください。と言いますか、いっそのこと貴店の敷地にカマドを設置し、これを貴店の副業にしてしまってはどうでしょう?もちろんカレーはレトルトではなく自家製でね。“カマド炊きのご飯&カレーが食べられる文具屋さん”となれば、すごい評判になりそう。
  1. 2012/10/16(火) 21:07:46 |
  2. URL |
  3. フラワーショップふじよし #2XI39Vu2
  4. [ 編集]

>フラワーショップふじよし様

近くと言っても車で少々かかります。びわ湖の近くにも出来そうな場所が多いですが、水周り、トイレなどの付随設備が整っていることからも今回は希望が丘に決定しました。 もう少し近ければ日頃の運動不足解消にぴったりの施設なんですけどね(笑)。ここは子供の頃の思い出も多く、私の好きな場所です。 学生時代に部活の合宿や練習で地獄を経験した人にはトラウマな場所だそうですが(笑)。 広い芝生やフィールドアスレチックの施設などもあり、自然も豊かで楽しいですよ。

羽釜炊爨、次はいつできるか分かりませんが、もしよろしければどうぞご参加下さい(笑)。 参加者が増えればご飯ももっと沢山炊けますね。 知らない人が集まっての飯炊きミーティングも面白そうですね(笑)。

スミ利の敷地でできなくも無いのですが、いかんせん薪を燃やすので多少の煙は避けられません(勿論、煙の多い生木はNGですが)。洗濯物に煙のニオイがついたり、ご近所に迷惑がかかっても悪いので今回、BBQ施設を利用した次第です。 ま、どこもちょっと前まではお風呂の煙突から煙を出してましたし、昔は焼却炉のある家も多かったですからねー。秋刀魚を焼くニオイや煙もそうですし、換気扇から漏れるカレーのニオイなんかも、他人には結構なパンチがありますので(笑)、30分ほど薪を燃やすくらい大したことじゃないかも知れませんが。 家でやるなら結局ガス火になりそうですね(笑)。
  1. 2012/10/17(水) 10:13:44 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://sumiri.blog.fc2.com/tb.php/407-1fbbde78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)