fc2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

セロテープ

垂れ下がったセロテープ
垂れ下がったセロテープ
上の写真をよーくご覧ください。 セロテープの断面が微妙にカーブしており、巻きが垂れ下がった感じになっているのがお分かりですか?

これは私が仕事で使っているセロテープなんですが、車のラゲッジスペースに積んでいたらいつの間にかこんなやる気の無い状態になっていました(汗)。 お手持ちのセロテープがこんな感じに変形してしまった経験のある方も多いのではないでしょうか?

この件に関して、スミ利でも時折お客様からご質問をいただくのです。 「以前10本パックで買って事務所に保管しておいたセロテープの残りががこんな状態になっていたけど、大丈夫?」といった感じです。 

セロテープのトップメーカーであるニチバンさんに伺ったところ、この原因は「湿気」なんだそうです。 一般的なセロテープの原料は植物性の天然素材でできている為、空気中の湿気を吸収しやすい性質があり、保管状態によっては写真の様に徐々に垂れ下がってしまうことがあるそうです。 ただ、この様な状態になってもセロテープとしての品質、性能(粘着)に特に影響は無く、普通にお使いいただけるとのことです(勿論、極端な湿気や水濡れはNGですよ!)。 湿度の影響はどうしても避けられない為、季節や条件によってはお店やメーカー、問屋さんの在庫品でも多少はこうした変形が起こるそうですが、決して不良品や不具合品では無いとのことですのでご安心下さいね!

セロテープの変形(垂れ下がり)は飲食店さんや生鮮食品を扱うお客様に多い様ですが、一般の事務所さんでも、スチール製の書庫や保管庫の下段に保管される場合は要注意です。湿気のこもりやすい状態がよくないんですね。私の様にクルマに積みっ放しも駄目ですが(汗)。 上の写真くらいの変形(垂れ下がり)だと実用上は特に問題無いですが、大きく垂れ下がるとセロテープカッターにセットできなくなる場合もありますし・・・皆さんもセロテープの保管にはご注意下さいね(笑)。
  1. 2012/09/06(木) 16:55:14|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://sumiri.blog.fc2.com/tb.php/399-ca2b0a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)