fc2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

ペリカンM800ブルーオブルー

ペリカンM800ブルーオブルー万年筆 スミ利文具店

先日お客さんにご注文いただいて入荷したペリカンのM800ブルーオブルー万年筆です。
定番のM800万年筆のちょっと特別なモデルなんです。 透明ブルーのボディーはマーブル調の綺麗なブルー軸でパッと見は不透明に見えますが、光にかざして見るとまるで海の底から覗いた様な神秘的な表情を見せます。 お値段は1本定価¥57,750(税込)。ペン先はEF、F、M、Bからお選びいただけます。特別モデルなので売り切れの際はご容赦くださいませ。 スミ利では現在はペリカンの商品は受注後の取り寄せにしておりますが、ベースモデルのM800万年筆はペリカンの中でも一番注文が多いモデルなので、ちょっと変わったデザインのペリカンが欲しい方には最適ではないでしょうか?(定番の緑縞も捨てがたいですが) 販売価格やお取引方法などは是非スミ利にお問い合わせくださいね!

RIMG0263.jpg

ペリカンM800ブルーオブルー万年筆 スミ利文具店  ペリカンM800ブルーオブルー万年筆 スミ利文具店

ペリカンM800ブルーオブルーのペン先 スミ利  ペリカンM800ブルーオブルーの天冠
  


  1. 2010/12/02(木) 09:43:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

キレイなペンですね

 ペリカンにこんな限定品があったとは知りませんでした。記されているように、ほんのりとスケルトンになっているところがいい感じです。ベースはM800ですか。

 ところでこれを含めたペリカンの「スーベレーン」シリーズには、軸の太さ・長さが異なるモデルがいろいろありますよね。私はペリカンはまったく持っておらず、店頭で見たことがあるだけで詳しくはわかりませんが、このM800は見た目に堂々としていて、存在感・信頼感があります。ただ、個人的にはM400あたりが、私の小さめの手にはいちばん馴染みそう。それに値段も安いですし!

 あと色ですが、こうした限定品の華やかなものや定番とされる緑縞もいいけれど、私が惹かれるのはプレーンな黒。実物を見ると、国内メーカーの定番モデルなどにはない独特の雰囲気はちゃんと備わっています。“普段にさりげなく使えるペリカン”として、M400の黒を選ぶのも、なかなか粋でしょ?でも私だったら、気軽に持ち出したり、服のポケットに入れたり、机の上に放ったらかしたり、人目のあるところで使ったりなどは怖くて絶対できないので、あくまで理想ですが。
  1. 2010/12/10(金) 22:08:31 |
  2. URL |
  3. フラワーショップふじよし #2XI39Vu2
  4. [ 編集]

ペリカンはスケルトン系の万年筆を作り慣れていますね。ユーザーが望むポイントを上手くついた製品作りを感じます。

インク吸入式で手頃な価格ということでM400を選ばれるお客様が多いです。取り回しの良さというか、手軽に使えるので1本あると重宝しますね。 ただ、パイロットのカスタム743の様な少し太めの堂々とした万年筆がお好みの場合、M800あたりがしっくりくると思います。そうしたお客様の場合、M400では少し物足りなさを感じることがある様ですね。 うちではM800とM400が売れ筋(と言っても受注後の取り寄せ販売なのでそう多くはないですが)です。中間のM600意外と少ない気がします。 M1000と言う迫力満点のペンも面白いですよね(笑)。

昔はペリカンの万年筆はちょっと変わったお客様(笑)が好まれるニッチな感じのブランドでしたが(特に地方では)、昨今はすっかりメジャーなブランドとして定着してしまいましたね(笑)。


  1. 2010/12/11(土) 09:54:52 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

ペリカン1000愛用してます。正直書きよさはカスタム743なんですが、Bニブで慣れてくるとカスタムのミュージックとかスタブみたいな面白い字がかけるんですよね。
1000もでかいんですけど743も長さは同じくらいあるんですよね。
セーラーのキングプロフィットも大きいですけど、何と言ってもナミキの50号。
銀座の伊東屋では藤井殿愛用のユカリロワイヤルと並んで展示してるんですが、ユカリが小型万年筆に見えるんですよね。
ユカリもかなり重量感のある万年筆なんですよね。
  1. 2010/12/12(日) 20:03:41 |
  2. URL |
  3. 神奈川県民 #V.W6sEsg
  4. [ 編集]

>神奈川県民様

ペリカンの1000やキングプロフィットも十分でっかいですが、やっぱりデカさではナミキの50号ですよね(笑) あれは理屈抜きの迫力と良さがありますね。 私の持っている20号はクラシックな設計を踏襲した形状なのでエラの張り出しが控えめなこともあって、カスタム743などの現行15号ニブとほぼ同じ様なサイズですね。ただし、エボナイト製の50号ナミキより、同軸やキャップが黄銅製の20号ナミキの方が重量感はあります。首軸など一部パーツはエボナイト製ですが。 20号ナミキは実用性よりもふっくらとした丸みのあるボディーが好きです(笑)元々蒔絵のベースにもなるモデルなので絵柄が活きる大画面!?のボディーなんですよね

  1. 2010/12/12(日) 21:32:27 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://sumiri.blog.fc2.com/tb.php/286-45fe9e84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)