fc2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

第三回滋賀地酒の祭典に行ってきました!

滋賀の地酒1
デジカメ写真のデータを整理していたら、こんな写真が出てきた。そうそう!今年も行って来ました、第三回滋賀地酒の祭典。実はブログにアップするの忘れてて、先月の末のイベントです(笑)。  滋賀県内44蔵、300を超える銘柄の日本酒(他)が出品される大イベント。 受付で一人1,000円支払うと、どれでも試飲させてくれるという、酒好きにはたまらない(笑)イベントだけあって、今年は学生からお年寄りまでかなりの人数が押し寄せてました。

私くらいになると、1,000円で実質飲み放題(汗)とは言え、そんなにガツガツ飲まないのですよ・・・大人だから(笑)。 しかし中には、あからさまに高額銘柄のみを重点的に飲みまくる輩が(汗)・・・他人ながら見てて恥ずかしい(笑)。  しかし、会場の写真が殆ど撮影されていないのは、勿論!試飲するのに夢中になってカメラどころではなかった為です(汗)。これも酒の魔力なのか??? いや!良い酒を前にして冷静でいられる人の方が変態なのです! 

いただけるのは、だいたいお猪口に3分の1ずつとか、スポイトで1~2滴なんですが、気になる銘柄をまわると結構いい感じになります(笑)。通の人は利き酒の際、お酒を口に含んでも飲み込まずに捨ててしまうんです。たまに水で口をすすいで・・・。そうしないと何種類ものお酒の味なんか5杯目くらいから全く分からなくなります(笑)。昨年参加した経験からその辺のノウハウを生かせたので今年は結構順調に試飲できました(勿論、捨ててばかりじゃ勿体無いので飲みますけど)。 ふらふらで千鳥足のおじいちゃん(笑)や、顔色一つ変えずに次々味見する酒豪の女性、酒蔵の人に何度も同じこと話かけて若干困らせてる(笑)るおじさん(正に管を巻いている訳ですけど)、プロ相手に薀蓄たれてる酒マニアのお兄ちゃん(笑)・・・色々いて面白いです。 

外でちょっと荷物の整理がてらテーブルに座ると、学生風の2人に相席を求められました。彼らも荷物の整理をしたかった様ですが、鞄の中からばら撒く様にテーブルの上に出された本にちらりと目が行ってしまった・・・「シュンペーター・・・」(汗) 猛烈に酒が不味くなるキーワードを目撃してしまった(笑)!

実は私も10年ちょっと前までは某大学の経済学部だったので、シュンペーター様だの、ケインズ様だの・・・ご高名はかねがねおうかがいしていたのですが(汗)、ついぞお近づきになる機会に恵まれず(汗)、えーっとですね(汗)。シラバスもろくに読まない(笑)学生生活・・・しかし不思議なことに無事、単位を取得し、学士(経済学)も授与されている(卒業しただけですけど・笑)のであります(本当にそれでいいのか!?)。

まあ、そんな経済学をかじった(笑)ことのある一人の酔っ払いとしては「(あんでこんな場所に酒が不味くなる本、大量に持ってきてんだよ!)注・心の声」と思わず突っ込みを入れたくなって、ついつい「あれ!?学生さん?」などと声をかけてしまった(笑)。 聞くと滋賀大の学生さんらしい。相手が国立大学の論客とあっては到底太刀打ちできないと判断し(汗)、そうそうに話題をはぐらかした自分が情けない(いや!ここは「身の程をわきまえている」と言っておこう!)。勿論お酒の話題に(笑)。今日は後輩達に振舞ってやるお酒をゲットしに来たそうで喜楽長という有名な銘柄のお酒を2本仕込んだとのこと。自分が学生の頃はこんな良い酒買う発想すらなかったな(汗)しかも後輩に飲ませるとは末恐ろしい・・・将来大物になりそうです。 

そんな優しい彼らに、「そういうのは中身を入れ替えて、ほら!紙パックの特売のお酒をさー。そんで、後輩には、「これは高い酒だから心して飲むように!」とか前置きして飲ませたら大丈夫だって!・・・等と、大人として恥ずかしい内容の世間話で管を巻き(汗)。苦笑いの彼らに絡んだお詫びとして!?今年も会場である酒蔵さんからもらった「日本酒で乾杯」ステッカーをプレゼントして分かれました(笑)。  いやいや、名誉の為、言っておきますが実際は全然酔ってなかったですからね!私。そんなに飲まなかったし(汗)。 酔ってる人ほど「自分は酔ってない」とか言うものですが、本当に酔ってなかったんだから仕方ないでしょ(笑)。

その証拠に、みんな酒に夢中で見向きもしない(笑)滋賀のお米や酒米の資料展示にも向学の為!?目を向けているじゃないですか!証拠写真まであるし(笑)。各酒造のブースはもの凄い人だかりなのに、ここは空いている・・・(当然か?)。 因みに写真の一番左の酒米は丈が1メートル50もある滋賀県の「渡舟」という古い品種で、有名な山田錦の親米と言われている貴重な品種。何でも長らく栽培が絶えていたところ試験場で保存されていた籾が発見され、そこから栽培が試みられ、ようやく数年前から僅かながら酒造に使える様になってきたそうです。いわゆる幻の酒米と言うやつです。 背が高く倒れやすい等、栽培が難しい上、収穫量も少ないので大変貴重なお米だそうです。実際この渡船を使ったお酒はちょっと高いんですが、今年はここまで来た記念に1本買っちゃいました(笑)。 お酒も気になっていたんですが、実は前からいっぺん酒米の稲を近くで見てみたいなーと思っていたので、今回はこれが一番の収穫でした。実物見るとあんなに背の高い稲を倒さずに育てるのはかなり苦労が必要だとわかりましたね。  さて、来年もこのイベント行きたいです!
酒米の写真
  1. 2009/11/11(水) 23:24:04|
  2. お酒
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

こっちもなんだか…

 こんにちは。
 読んでるうちに、日本酒の香りがプーンと漂ってきそうなレポートですね。もともとアルコールに弱く、胃が頑丈ではない私では、1000円で飲み放題と言われてもすぐフラフラになってしまってモトが取れそうにありません。

 ところで、そちら滋賀は酒どころとしても知られているようですね。びわ湖という豊富な水資源を持つ強み、ということでしょうか。ご存知でしょうが、大きな河川が多く昔から米作がさかんなこちら兵庫県もたくさんの酒蔵会社があります。私の住む姫路市にも「八重垣(ヤヱガキ)」というわりと有名なお酒があるみたい(あまりお酒を飲まない私は詳しく知らないのですが)。こちら播磨地方に来る機会がありましたら、お土産にぜひどうぞ。
  1. 2009/11/14(土) 11:30:11 |
  2. URL |
  3. フラワーショップふじよし #2XI39Vu2
  4. [ 編集]

>フラワーショップふじよし様

あくまで利き酒なので、飲み屋みたいに飲むのとは違いますがお酒の弱い人は会場に入った瞬間のニオイだけでも酔っ払いそうです(笑)。 

米どころに良いお酒が多いみたいですね。それから水も大事ですね。滋賀の酒蔵は鈴鹿山系や比良山系など周囲を囲む高い山々からの伏流水を用いているそうです。 周りの山々からびわ湖に流れ込む川は沢山有っても、びわ湖から流れ出ているのは、瀬田川、宇治川、淀川と名前を変えて流れる川が唯一だそうです。

そちら兵庫県は灘のお酒が超有名ですよね。剣菱とか菊正宗とか白鶴とか。 姫路の「八重垣」というお酒は知りませんでした!今度機会があればゲットしてみます。 兵庫県は山田錦の産地として有名ですよね。「兵庫県産山田錦」とか聞くと何故か拝みたくなる!?(笑)
  1. 2009/11/14(土) 14:19:42 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

本当に、楽しいイベントでしたね。
年に2回位して欲しいです。

この時に、購入したお酒が手付かずで
残っています。
また、呑みましょう!!
  1. 2009/11/14(土) 22:36:15 |
  2. URL |
  3. エルプリメロ #-
  4. [ 編集]

>エルプリメロ様

最近は「無濾過」「生」「原酒」「吟醸」「純米」等の誘惑に強くなったので(笑)・・・足の速い酒は上手い具合にスルーできました。今回のはしばらく置いとけるでしょ(笑)。 

生系の酒って美味しいですが、一度開栓すると劣化が進む気がして・・・ついつい無理して早めに片付けますよね(笑)。冷蔵庫保管が必須なので4合瓶よりも少ない2合入りの商品がもっと欲しいですね。生酒の一升瓶なんて家庭で保管できん(汗)。

最近は火入れしたお酒、それも吟醸酒じゃなく、本醸造クラスに関心が・・・(本格的に酒飲みになってきたのか?汗)これは懐具合も影響か? 飲む量と機会はめっきり減りましたけど。
  1. 2009/11/15(日) 18:56:02 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://sumiri.blog.fc2.com/tb.php/210-1664483f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)