fc2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

読書の秋

今日は朝から健康診断に行ってきました。昨晩9時から飲まず食わずだったので(水もNG)大変でした。しかし、バリウム(造影剤)はなんだか年々飲み易くなっている気がするのは気のせいでしょうか?いつも最後の一押しがキツイのですが、今回は意外とすんなり・・・。 日頃の不摂生が祟り!?前年同月比で体重、腹囲共に不景気をものともしない素晴らしい成長振り・・・(笑)。 ちょっとは運動したほうが身の為ですね(汗)。

さて、読書の秋、ということで久々に本でも読もうかと思って・・・。私、恥ずかしながら、ここ10年ほどまともに本を読んだことが有りません(汗)。当然、本を買ったことも無い・・・出版不況の元凶とも言える人間でした(汗)。すみません。縁も所縁も無い出版各社に謝りつつ(笑)、何冊か買って読みましたが、恥ずかしいくらい漢字が読めない(汗)、語彙が理解できない(汗)、故に読み進むスピードが非常に遅い(汗)。

これではいかん!(汗)・・・ちょっとは本を読んで頭を鍛えねば・・・。そう言えば高校、大学の頃に読んだ(はず)本が何冊もあるはずです!内容をさっぱり覚えていないので(汗)、そっちも探して読むことに・・・。大学時代、授業の指定教科書として買わされたミネルバ書房だの有斐閣だのの恐ろしく高価な経済学関係の専門書は当然読む訳ない(殆どページを開いていないので新品同様)ですが、それと共に封印されていた!? 古い本を引っ張り出しました・・・うーん。こんな本読んだか?本当に自分が買ったのか?(笑)と言う様な本が。バラバラと。多分、夏休みの読書感想文の為に一番薄っぺらそうな文庫本を買ったのだろう(笑)。

そんな中、何故か父親かその兄のものだと思しき本も紛れ込んでいました。その中にこんなものを発見しました・・・。
夏目漱石 「こころ」 の表紙 夏目漱石の文庫本にプラチナ萬年筆の文字が! スミ利文具店
夏目漱石の小説「こころ」です。恥ずかしながら読んだことは無いです(汗)。随分古ぼけた本ですが、この文庫は旺文社文庫で昭和55年2月のものです。 よく見ると・・・「非売品」!?、「謹製 プラチナ萬年筆」!?

聞くと、昔やってた万年筆の拡販キャンペーンの品物らしいです。 多分、サンプルとしてプラチナさんから1冊もらったものの様です。 うーん。夏目漱石の文庫本をプレゼントするなんて何だか知的ですね(完全にイメージですけど・汗)。 こんな販促物っていいですよね。しかもプラチナ萬年筆の社名入りなのがポイント高いです。 今また、どこかのメーカーさんがやらないですかね? 因みに、スミ利では定価5万円以上の蒔絵、漆塗り筆記具をお買い上げいただいたお客様に、松田権六「うるしの話」を1冊プレゼントしていますよ!私の自腹で(汗)!隠れた営業努力です(笑)。
  1. 2009/10/09(金) 20:22:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://sumiri.blog.fc2.com/tb.php/197-2683db92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)