fc2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

新しい細美研ぎ万年筆、入荷!

セーラープロギアスリム細美研ぎ スミ利文具店 細美研ぎの筆跡(極細と比較) スミ利文具店


セーラーさんから新発売されたプロフェッショナルギアスリム細美研ぎ(偏光パールレッド)がスミ利に入荷しました! 細美研ぎと言えば、セーラーの長原幸夫氏が1本1本、顕微鏡と投影機を用いてペン先を研ぎ上げる超極細ペン先の万年筆として有名ですが、お求め安いプロフェッショナルギアスリム・バージョン(定価¥21,000)が追加されました。 発売に先駆け、某書で「新・細美研ぎ」のペン先だけが先行紹介されておりましたが、その製品版がこの商品と言う訳です。従来品同様、長原氏が1本1本研ぎあげていますので、お買い得ですね(笑)! 偏光パールレッドと言う綺麗なカラーとシルバートリムを採用したデザインは、女性ウケを狙っての企画ですが、ワインレッド風の落ち着いたレッドなので、男女問わず人気が出そうと踏んでいます(笑)。色はホンマにヨロシイ。 

今回のプロギアスリム細美研ぎですが、14金のハード調ニブが与えられました。ハード調と聞くと、言葉だけで毛嫌いする方もおられますし、私もその必要性がいまひとつ疑問なのも事実ですが、今回の細美研ぎに関して言えば、そのキャラクター、性能、用途とマッチしており、色々と奏功していると言えます。 筆圧によるスリット開きやくい違いを防止する意図で強力なバネ(弾力)を持たせたハード調ながら、この細美研ぎ万年筆はペンの重みだけでもインクが紙にのってくれる様に調整されているので、筆記時は余分な力を抜いて軽い筆圧で書くことができるのです。元々筆圧に強くスリットが開きにくいニブと、理想的なインク調整により、超極細を誇る細美研ぎには今回の14金ニブはピッタリです(その上、値段も安くなりましたし!)。

細美研ぎの字幅について、感覚的には極細ゲルインキボールペン、ハイテックCの0.3ミリくらいの筆跡で、通常の極細万年筆なんかよりもずっと細くてシャープな筆跡です。くっきり美しい超極細が書けます。 ペンの滑りは流石に滑らかと言うものでは無いですが、そもそも極細系であまり滑りが良いと逆に抑揚が無く書きにくいものですし、書く文字の大きさや筆圧が適切であれば、実用上の不快感は無いはずです。

よく、細字や中字のペン先で試筆する時と同じ大きさの文字、筆圧、筆速で書いて、細美研ぎのことをボロクソに言う人がいますが、そもそもそうした比較の仕方に間違いがあり、ペン先の字幅(ペン種)は元々、「用途」から生まれたものであり、その用途を想定した試筆を行ってこそ真価がはかれると言うものです。だから、この細美研ぎで試筆する時は、グルグル曲線試筆や、試筆用紙の大きさにつられて適当な文字サイズで書くのは絶対NG! 手帳やノートに普段書き込む文字を書いて欲しいですね。便箋などで少し大きめの文字を書くときはそれなりの適した筆速(ゆっくりと)書くことが大事です。

従来の細美研ぎは値段が3万円と高価で、黒の太軸しか無かった為(確かにカッコいいですけど)ちょっと手が出ない人も多かったと思いますが、このプロギアスリム細美研ぎは値段も手頃で実用性も高く、是非一度お試しいただきたい逸品です。スミ利にご相談下さいね!
  1. 2009/09/19(土) 10:54:10|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://sumiri.blog.fc2.com/tb.php/192-9719197b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)