fc2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

セーラーの展示会。ボトルインクが・・・

今日、セーラーさんの展示会に出かけてきました。前情報をいただいていた商品の現物をチェックしたり、詳しい発売予定を確認してきました。  で、大人気の極黒インクがモデルチェンジします!残念ながら価格が現行の¥1,575から¥2,100に値上がり(泣)。ですが、インクを極力無駄なく吸入できるインクリザーバーというパーツがボトルにインストールされます!これはパイロットのボトルインクにも採用されているインク溜まりと同じ原理のパーツです。 インク残量が減って液面が低下したボトルインクは吸入が困難になりますが、インクリザーバーを利用すれば残ったインクを効果的に吸入することが可能に!とにかく無いよりは有るほうが絶対便利な機能です(歓迎)。 もう一つ、極黒の姉妹品として、待望の顔料ブルーブラックが新発売!その名も「青墨(せいぼく)」。こちらも1本¥2,100。 極黒も青墨も品質と書き味にこだわったインクとのことですので、是非今後ともご愛顧のほどお願いいたします! 尚、発売は10月中旬です。勿論、スミ利にも入荷いたします。

もう一つ、ニュースが・・・。セーラーのジェントルインクも極黒同様にモデルチェンジを受けます。そしてやはり(汗)値段が¥1,050にパワーアップ!?(笑) しかし値段に関してはパイロットの色彩雫シリーズがバカ売れなことを考えるとそれでも十分リーズナブルです!よね!?残念なのは黒、青、ブルーブラック以外のカラーインクが順次廃番になること。年内もしくはセーラーさんの年度内(来年の3月)までは従来品として継続出荷されるかも?ですが、今後入手が微妙になるのは確実・・・。 その代わり!?と言っては何ですが、来年以降は季節限定カラーのインクを発売予定とか。

セーラー初の本格的インク吸入式万年筆(レギュラーモデルとして)プロフィット・レアロもなかなかの完成度を見せておりました!もう間も無く出荷開始ですのでご予約いただいておりますお客様はお楽しみに! スミ利としてはあの細美研ぎ万年筆がぐっとお求め安くプロギアスリムバージョンで登場(¥21,000)に大注目!ボディーカラーを偏光パールレッド1色で発売する辺り・・・女性狙いなのは言うまでも有りません(笑)が、これは男女問わずに人気が出そうですよ!従来品(3万円)の廉価版ですが、14金のハード系ニブになるので、結果として細美研ぎの持ち味とマッチした良好な書き味&筆記性能が現れたとのこと!なんか良い感じです。細美研ぎアレルギーの方も是非お試しいただきたい1本です。 それからそれから!ヨネックスとのダブルネームで新発売になるカーボンファイバー素材の万年筆「カーボファイン」¥26,250(税込)もなかなかのものでした!クリップレスのシンプルなボディーにブラック、ボルドー、グリーンと3色から選べるのもカーボン筆記具としては画期的!値段もカーボン筆記具としては抜群に安い!(と思いませんか?) 

さてさて、他にも1本40万円もする鎌倉彫のドデカイ(笑)万年筆とか、今年も「流石はセーラーさん・・・」と言う感じでちょっと疲れましたが(汗)、今日私、講習会で自分の筆圧を計測してもらったんですよ。万年筆(細字)で101g、ボールペン(油性)で273g・・。 セーラーの川口氏(本日の講師)によると、全国で多くの人を計測した結果、筆圧0~150gの人が約5%、151g~250gの人が80%、251g~の人が15%という分布になるそうですので、私は筆圧軽く書けている人と言って良さそうです(ほっ)。昨今、筆圧の強い人が増えているそうですが、自分にぴったりあった万年筆とめぐりあい、慣れれば(手に馴染んでくれば)どんどん筆圧は軽くなるそうです。 つまり軽い力で書くことができる=無理せずにかける=(従って)字を綺麗に書くことができる!そうです。逆に言うと、試筆して一番力まず軽く書ける万年筆が自分にぴったりあっている(綺麗な字が書ける)と言える訳です。どのペンが自分にあうのかは人それぞれ・・・皆さんも万年筆選びの際はこの点に注目してみると面白いですよ。 

  1. 2009/09/15(火) 21:22:30|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://sumiri.blog.fc2.com/tb.php/189-d4aac2d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)