fc2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

プラチナ#3776ミュージック万年筆、再び欠品中です。

昨日、入荷いたしましたプラチナの#3776ミュージック万年筆ですが、ご好評をいただきました結果本日までに確保しておりました在庫が完売となりました。 お買い上げ、ご注文いただきましたお客様には心よりお礼申し上げます。 近々、次回の入荷がある見込みですので、ご検討中のお客様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願いいたします。

昨今、プラチナ萬年筆さんの万年筆が段々と評価が上がってきた印象で、プラチナ・リピーターのお客様が増えています。プラチナの製品は「良くも悪くも手作り感がある」と言うか(笑)。 万年筆の命とも言えるペンポイントの仕上げ、品質の維持にはこだわっている部分が有って、万年筆の人気が高まって急速に需要が増しても無理な増産(手抜きや突貫工事)をせずに堂々とお客、販売店を待たす・・・(汗)。 その反面、昔から製造時、組み立て時にどうしても起こるボディーの擦り傷や塵!?の付着とかはあんまり気にしない方向(笑)の、ちょっと男前なメーカーさん(笑)。「そりゃ、人が作ればちょっとした指紋やゴミくらい付くわいな!磨きかけて光沢出したらそりゃ、拭き跡くらいつくわいな! それが何か問題でも!?」みたいな(笑)。肉食系だな!(いや、意味が違うか)

ボディーやペン先の艶出しに関しては最初からあんまりピッカピカの「天衣無縫」状態を目指して無い気がします(笑)。勿論、不良品となるレベルのことでは無いですが、プラチナさんの製品は、なんか見た目や質感が「昔の製品っぽい」(笑)。それはわざと古めかしく作った訳じゃ無くてリアルに技術のレベルが今風じゃないんですよ(笑)。おっと!決してけなしてる訳ではないですよ! 最近の工業製品は見てくれだけがやたら綺麗になってて中身の無いものも増えた気がします。 万年筆に関しても、どことは言いませんが、実際にボディーはもの凄く綺麗で凝った素材を使って仕上げているのに、肝心のペンポイントの仕上げがもの凄くお粗末になったメーカーを見受けます。 プラチナの万年筆は、今時の工業製品らしくないところも有りますが、万年筆が忘れちゃいけない大事な部分はしっかり守っている!そう言った部分に気付いた方々からの評価が高まっているのかも知れません。 「万年筆は使ってナンボ!」と思う人には是非お試しいただきたいですね!

プラチナ#3776ミュージック万年筆のページ
  1. 2009/06/28(日) 17:09:02|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://sumiri.blog.fc2.com/tb.php/171-25d8bc28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)