fc2ブログ

スミ利のブログ

滋賀で文具店を営む藤井のブログ。文具のこと、仕事のこと、趣味のこと・・・色々と書いてます。

インク吸入コンバーターの寿命

コンバーター寿命 スミ利文具店
今朝、自分の万年筆(パイロット カスタム743FA)にインキを補充しようとしたら・・・コンバーターが寿命を迎えた模様です(汗)。
コンバーター内に少し残った古いインクを排出しようとプッシュボタンを押したところ、インクタンクの外側(ピストンの外側)にインクの付着を発見。 漏れてますね(汗)。 

本当は、ピストンの外側に少しでもインクの痕跡が見られたらボチボチ寿命なので、早めに交換!なのですが、今回は気づくのが遅れ、誰の目にも明らかなほどインクがピストンの外側に出ていますね(汗)。 そもそも、コンバーター自体が旧型のCON-70でした。現行型のCON-70Nが出荷開始されたのが2020年の2月頃・・・少なくとも4年以上は経ってますね(汗)。もっとかな?

まだこの状態では、プッシュボタンの付近までインク漏れはしていませんが、パイロットさんのCON-70系のコンバーターは気圧を利用して一気に吸い上げるタイプなので、知らずにプシュプシュとインクを吸入したら・・・プッシュボタンの付近からインキが盛大に飛び散って手がエライことになります(経験済み・笑)。 悲惨です。  古い記事ですが、2017年1月にも書いておりますので、そちらもご覧下さい。この時は、カスタム743のMニブの方だったみたいです(記憶が無い・笑)。
パイロットさんのCON-70系はボタンを押下した状態でないとピストンの状態が確認できないので、ついつい見落としがちなんですよね。 

2017年1月14日のブログ「パイロット コンバーターCON-70」


万年筆のインク吸入コンバーターは消耗品でもあるので、お客様にも定期的に買い替えをお薦めしています。
今回のものはパイロットさんのCON-70(CON-70N)ですが、各社のピストンを用いたコンバーターでも、ピストンの外側にインクの付着(痕跡)が見られたら、ボチボチ寿命と判断するのが正解だと思います。 お早めに新しいコンバーターをご用意くださいね。
  1. 2024/01/31(水) 18:50:45|
  2. 文具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

これって難しい選択ですよね。コンバーターの交換が煩わしいのであれば、吸入式の823の方がいいかもしれない。でもフォルカンとか欲しかったら選択は743ですよね。823は確かF,M,Bだけですから。ただどうなんでしょう。この辺はやはり用途ですかね。
  1. 2024/02/01(木) 07:33:58 |
  2. URL |
  3. 神奈川県民 #-
  4. [ 編集]

>神奈川県民様

コメントをいただき有難うございます!
「コンバーターも消耗品」という点をどう捉えるかですよね。
823や92などの吸入専用ボディの万年筆だと基本的にはそうした心配は不要ですが、それでも長期的に見ると(かなり長ーい目ですが)摩耗や疲労による気密の低下もありますし、洗浄性の問題から古いインク汚れによるトラブルも考えられます。そうなると、コンバーターの様に買い替えでは済まず、メーカーでのオーバーホールが必要になりますね。 また、ペン種の選択肢が少ない傾向もファンとしては悩ましいところです。

一応、CON-70系の耐久性自体は割としっかりしていると思います。私で5~6年は使える感じですね。
また、カートリッジとコンバーターが使える両用式万年筆の大きなメリットとして、首軸を丸ごと水洗いできる洗浄性の良さが挙げられると思います。 昨今、カラーインクの多色化により、頻繁にインクの色を変更されるお客様が増えましたが、そうした方々には823や92のような吸入専用ボディよりも、両用式の方がメリットが大きい様に感じます。 まあ、万年筆をメリットだけで見ているユーザーは少ないかも知れません。デメリットも含めて楽しいところもりますしね(笑)。

因みにですが、823には今年からS(シグネチャー)のペン種が加わりますよ! また、軸色のバリエーションもこれまでカタログ未掲載の裏メニュー扱い!?だったNC(ノンカラー)が追加されます。
  1. 2024/02/01(木) 12:30:09 |
  2. URL |
  3. スミ利文具店 藤井 #eMwruaJU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://sumiri.blog.fc2.com/tb.php/1068-fde07245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)